opencollege

オープンカレッジ説明会開催!

10月10日(木)14:00/19:00

下記のフォームでお申し込みください。

お名前 *
お名前

EON Reality, Tokyo

IDC & VR Innovation Academy

日本インタラクティブデジタルセンターは、AVRJapanとEon Realityの間のパートナーシップによって設立されました。IDCは、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)を通じて、地域および地域の開発ニーズを支援します。

IDCには、最先端のAVRテクノロジーを備えたAVRショールーム、VR Innovation Academy、およびAVR Development Labが含まれます。 VRイノベーションアカデミーは、4か月間の学習と4か月間のプロジェクトベースの学習からなる8か月間のコースを通して、地元の学生にAVRの専門家になるためのトレーニングを行います。 これらの学生はAVRの基礎、3Dコンテンツの作成、コーディング、そしてプロジェクト管理を学びます。

IDCには、経済に合わせたコンテンツとアプリケーションを作成し、既存のEON Realityコンテンツをローカライズします。 日本経済が発展するにつれて、拡張現実とバーチャルリアリティは、ナレッジの応用と経験およびトレーニングを通して生産性を向上させます。

The Japan Interactive Digital Center (IDC) is a partnership between the Augmented Virtual Reality Japan and EON Reality. The IDC will help address local and regional development needs through Augmented Reality (AR) and Virtual Reality (VR).

The IDC will contain an AVR Showroom with cutting edge AVR technology, a VR Innovation Academy, and an AVR Development Lab. The VR Innovation Academy will train local students to become AVR professionals through an 8-month course consisting of 4 months of study and 4 months of project-based learning. These students will learn the underpinning of AVR, 3D content creation, coding, and project management.

This IDC will create content and applications tailored to the regional market and localize existing EON Reality content. As the Japanese economy evolves, Augmented and Virtual Reality will accelerate the training of workers through contextual knowledge applications and experiential training.


Curriculum

Augmented and Virtual Reality are some of the fastest growing sectors

IMG_1185_v2_screen.jpg

of our economy. These technologies are spreading far beyond the gaming

world and into business and education, where its being used to train

employees and better educate students.

The VR Innovation Academy teaches the skills needed to create AVR

applications for enterprise and education. The curriculum covers many

diverse fields, including: architecture, product visualization, game

creation, multimedia design, and broadcast media. In this fast-track

program, students receive 10 months of training, including 6 months

working directly on real-life projects in different market segments.

At the end of the course, students will have a robust portfolio of

work showing off their inputs.

IMG_1312.jpg

拡張現実とバーチャルリアリティは、私たちの経済で最も急成長している分野の一つです。

これらの技術は、ゲームの世界を超えて、従業員をトレーニングし、学生をよりよく教育

することで、ビジネスおよび教育にまで広がっています。

VRイノベーションアカデミーは、企業や教育用のAVRアプリケーションを作成するため

に必要なスキルを教えています。

カリキュラムは、建築、製品の視覚化、ゲーム制作、マルチメディアデザイン、放送メデ

ィアなど、さまざまな分野を網羅しています。

このファストトラックプログラムでは、学生は10ヶ月のトレーニングを受けます。そのう

ちの6ヶ月間は、異なる市場セグメントで実際のプロジェクトに直接取り組んでいます。


Phase 1 – Theoretical and practical training

General knowledge on Virtual Reality and Augmented Reality
Project management tools and techniques while working on VR and AR
immersive projects
·       Development of 2D and 3D visual assets
·       Modeling, texturing, rigging and animation of the assets for
AVR applications
·       Scripting and programming techniques within basic and advanced
interactive application development
·       Development and deployment of the AVR applications for immersive systems
·       Creation of mobile 3D applications with AVR functionality
·       Publishing applications for Android, iOS and for EON-based educational platforms

Phase 2 – Project-Based Learning Training


·       Collaborative work in multi-skilled groups
·       Understanding the role of teamwork and collaboration in global
companies while producing digital content.
·       Individual development path via experience working on projects
·       Project Placement and Agile Project Management techniques such
as Scrum and Kanban
·       Idea promotion and incubation of creativity
·       Team building exercises
·       Mentoring and entrepreneurship development


Phase 1 – Theoretical and practical training


・バーチャルリアリティおよび拡張現実に関する一般的な知識
・VRとARの没入型プロジェクトに取り組むためのプロジェクト管理ツールとテクニック
・2Dおよび3Dビジュアルアセットの開発
・AVRアプリケーションの資産のモデリング、テクスチャリング、リギング、およびアニメーション
・基本および高度な対話型アプリケーション開発におけるスクリプティングおよびプログラミング技法
・没入型システム用のAVRアプリケーションの開発と展開
・AVR機能を備えたモバイル3Dアプリケーションの作成
・Android、iOS、およびEONベースの教育プラットフォーム用のアプリケーションの公開

Phase 2 – Project-Based Learning Training

•マルチスキルグループでの共同作業
•デジタルコンテンツを制作しながら、グローバル企業におけるチームワークとコラボレーションの役割の理解
•プロジェクトに携わった経験を通じた個人の開発パス
•スクラム手法やカンバン方式などの
プロジェクト配置およびアジャイルプロジェクト管理手法
•アイデアの推進と創造性の育成
•チームビルディングの演習
•メンタリングと起業家精神の開発


10月7日プレスタート/10月28日スタート
October 7: Prestart/October 28: Start

Schedule: 09:00 - 16:30 (9AM - 4:30 PM)

Session 1: 09:00 - 10:30
Session 2: 10:45 - 12:00
Session 3: 13:00 - 14:30
Session 4: 14:45 - 16:15
Q&A: 16:15 - 16:30 (or longer)

ご質問がある方は以下にある問い合わせフォームをご使用ください。
If you have any questions please ask them in the contact form below.

ご氏名 Name *
ご氏名 Name