日本における企業のためのAR/VR(AVR)の利点

 
VR_AR_Japan.jpg
 

AVR Japan株式会社と米国EON Reality Inc.との提携に依り、日本における産業向けのAVRは、急増すると予測されています。

現在、日本におけるAVR市場は、”ゲーム”という巨大な市場(ハードウェアのソニー、ソフトウェアのグリー等)から、教育及び産業市場へと移行しつつあります。結果として、日本のAVR Japan株式会社は、米国EON Reality Inc.とのパートナーシップを通じて、VR(Virtual Reality)、AR(Augmented Reality)、およびこれら2つの間のすべてを再定義しています

  • 従来トレーニング:従来のトレーニング方法の替わりに、各種従業員トレーニングプログラム

  • 安全およびコンプライアンストレーニング(食肉加工工場でのラインワーカートレーニングなど)

  • 空軍防衛趣味シュミ レーション:飛行中および保守訓練のための空軍防衛シミュレーション

  • テクニカルトレーニング:エネルギーおよび産業部門における技術者トレーニング

  • サービステクニカルトレーニング:不必要な派遣を避け、リモートサポートを提供するためのサービス技術者トレーニング

  • バーチャル・プロジェクション:製造および医療における組み立てのための仮想投影

  • HVAC仮装仮想マップ:管理およびメンテナンス用のHVACシステムのハンズフリー仮想マップ

  • デジタルツインの有効か化:デジタルツインを有効化するためのARの活用

※デジタルツイン:デジタルツインとは、工場や製品などに関わる物理世界の出来事を、そっくりそのままデジタル上にリアルタイムに再現するという意味

日本におけるAVRテクノロジーの数少ないリーダーの一社であることから、企業トレーニングにAVRソリューションを使用することの利点を明確にすることは不可欠です。企業向けトレーニングにAVRソリューションを使用する利点には、次のものが含まれますが、これに限定されるものではありません。

  • 現実そっくりの再現性:研修生にとってより魅力的な、より高度な現実そっくりに再現されたソリューション

  • ポータビリティ:いつでもどこでもトレーニングを提供できるポータビリティ

  • カスタマーエクスペリエンス:カスタマーエクスペリエンスの向上とサービスコストの削減

  • 障害予測による信頼性向上:資産の信頼性を高め、障害が発生する前に障害を予測する

  • 安定した雇用確保:従業員の離職と季節的な急増を最小限化

  • リソースの継続性:継続的に安定してリソース確保

サービス企業のためのARの実現可能性に関するサービス評議会による調査によると、不完全なサービス訪問の41%はライブビデオまたはARセッションの使用から利益を得るでしょう。 同じ調査でも、回答者の72%がすでにARを使用または評価していることがわかったため、このテクノロジの展開は広く普及していることが証明されています。

企業におけるAVRテクノロジの需要を考えると、大規模シミュレーションシステムやその他の大型ハードウェアはあまり一般的ではありません。 多くの企業ユーザーは、軽量でポータブルなモバイルソリューションを必要としています。そのため、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)とモバイルAVRが急成長しています。

日本におけるAVRテクノロジーの未来は、決して明るいことはありませんでした。しかし、米国EON Reality社と日本のAVR Japan株式会社のパートナーシップのおかげで、今後数年間はAVRテクノロジーが成長し続けると考えられます。

 

Use Case

aJWZ087A.jpeg

世界中で導入されたソリューション事例まずは最新のUse Caseをご覧ください。

mktg@avrjapan.co.jp

AVR Platformのご紹介